Menu

徹底した品質管理

「木のモ」のフローリングが出来るまでを追ってみました。

なかなか、生産現場をご覧になる機会も少ないかと思います。

弊社の品質管理が徹底している事が大変よくわかり、安心してフローリングをご使用いただけます。

1.倉庫

ストックヤードです。
世界各地から輸入された原材料はすでに乾燥工程まで終えています。

2.倉庫

POINT

木のモのフローリングはここが違います!

弊社では、ラフ材(粗挽き材)を3ヶ月以上、天然乾燥させます。そうすることによってラフ材に過分にストレスを与えること無く含水率を25%程度まで低下させます。

3.品質

ラフ材 22mm×92mm
製品サイズ 18mm×75(78)mm となります.

4.木のモの設備

人工乾燥機の外観です。
1機で約200坪の乾燥能力があります。

5.木のモの設備

約1週間、人口乾燥させます。
含水率が10%以下程度に低下します。
その後、数日間養生し安定させます。

6.木のモの設備

POINT

木のモのフローリングはここが違います!

弊社では、10機の乾燥機がモニターで一元管理され、常に乾燥機の内部の温度管理がバラツキ無く一定に保たれていますので、完成品の状態が安定しています。

7.加工

人口乾燥を終えたラフ材を、厚みを調整するラインへ投入します。

POINT

木のモのフローリングはここが違います!

弊社ではその後、1回目の検品作業を行い、節等の不良部分をカットします。

8.加工

働き巾を調整するラインへ投入します。

9.加工

サネ加工をするラインへ投入します。同時に面取り加工も施されます。

POINT

木のモのフローリングはここが違います!

弊社では更に2回目の検品作業は二人で行い小さな不具合も見逃しません。

10.加工

グリーンの光はUV(紫外線)を照射しているところです。
塗装面が早く乾き硬化します。

11.出荷

梱包され製品として、コンテナに積まれ全国に発送します。

12.出荷

出荷待ちのコンテナの風景です。

いかがでしょうか。

「木のモ」のフローリングが安心してお使いいただけることがお分かりいただけたと思います。

これからも「徹底した品質管理」のもと、お客様に「安心」をお届けいたします。

Copyright © 2019 kinomo All Rights Reserved.